アメリカで目指せアスレティックトレーナー資格取得!

「これまでスポーツに打ち込んでき経験を活かし、手に職をつけたい!」

「何が学びたいか明確なものはないが、運動が得意!」

「何か資格を得たい!」という方!

ATC1

アメリカの国家資格、NATA公認アスレティックトレーナーATC(Certified Athletic Trainer)を目指してみませんか?

アスレティックトレーナーって、具体的にどんな職業?と思われる方も多いかもしれません。日本では、そのような国家資格がないため、トレーナー=ジムで働く人?と漠然としたイメージを抱く方も多いかと思います。

しかし、アメリカではアメリカ医学界によって認められた、看護師などと同じように医療の現場で活躍する重要な役割を果たすポジションです。

プロのスポーツチームはもちろん、企業、学校、病院、パフォーマンス団体などには、専任のアスレティックトレーナーが在籍しているのが一般的です。プロのスポーツチームでは、医師やコーチと連携しながら、選手の健康管理、リハビリ指導、トレーニングプラン、怪我の応急処置などを行っています。

この資格を取るには、どうすればいいか!

まずは、Commission on Accreditation of Athletic Training Education(CAATE)という、アスレティックトレーナー教育認定委員会が認めた、大学もしくは大学院で学ぶことが必須となっています。卒業までに、Kinesologyと呼ばれる運動生理学や解剖学、栄養学などを学び、更に既定の時間数の実務経験を積むことも必須とされています。全ての単位を取得した後に、認定試験に臨みます。

日本での終学歴が高校の方は、まずは英語力をしっかりと伸ばす為に語学学校へ進み、その後にカレッジへご進学、大学へ編入というルートが良いかと思います。

日本で短大を出られた方は大学へ編入、日本で大学を卒業された方は、学士号の分野やこれまでのご経験により大学院を目指すことも出来ます。

まずはカレッジや大学の授業についていけるだけの英語力が必要となってきます。日々の積み重ねから頑張ってくださいね!

このプログラムにご興味がある方は、是非  info@iac-academy.com または 0120-94-5525までご連絡くださいね。CAATE認定の大学のご案内、大学入学基準、提携語学学校のご案内も行っております。

次回は、現在大学院でこの資格取得を目指している方の、体験談をUPしますね(^^♪お楽しみに(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。