ネイティブがよく使う「make sure」の意味と使い方

ネイティブは会話の中で”make sure”というフレーズをとてもよく使うのですが、その意味や使い方をあまり知らない方も多いのでは?
今回は、意外と知られていない”make sure”についてご紹介します。

意味1:〜を確認する

make sure

make sureは「〜を確認する」という意味で、「はっきり確かめる」といったニュアンスがあります。同じ意味の単語に”confirm”や”corroborate”などがあります。

Please make sure.
「確認してください。」

I’d like to make sure my reservation is confirmed.
「私の予約が確定しているか確認したいのですが。」

I just wanted to make sure that you are OK.
「あなたが大丈夫かどうか確認したかっただけです。」

意味2:必ず~する / 忘れずに~する

make sure

make sure to〜で「必ず〜する」「忘れずに〜する」という意味になり、toの後ろには動詞の原形がきます。

I make sure to eat fruits everyday.
「私は毎日フルーツを食べるようにしています。」

Please make sure to attend the class.
「必ず授業に参加してくださいね。」

I make sure not to forget anything.
「私は絶対に忘れ物をしないように気をつけます。」


いかがでしたか?これらはよく使う英語表現だからこそ、覚えておくと大変便利です。使い方や意味をマスターして、ぜひ使ってみてくださいね!

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

留学に興味ありませんか?気になったら、
まずは資料請求!

IAC留学アカデミーは、留学に行きたいすべての人を応援します。

留学に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求で行きたい国をチェック!

   資料請求    
費用相談