ボランティア・インターンシップ留学

1947

海外の企業や団体などで、インターン(研修生)として就労体験を積むもの。現地のスタッフとともに働くことで、ビジネスシーンで通用する英語力を身につけながら、その国のビジネスの仕組みや事情、仕事の進め方などを学ぶことができます。

インターンシップとは?

インターンシップとは、学生が在学中に企業で研修生として働く制度です。専攻分野に関連した職場で実際に働き、それが単位としても認められることもあります。

形態は学校や専攻により様々で、多少の報酬を得られるケースもありますが、基本的には無給(槻酬なし)です。学校によってはコース修了後、授業の一環として行うインターンシップが含まれていることがあります。

授業で習ったスキルを実践することは貴重な体験になリ、また帰国後の就職活動でアピール材料になる可能性が高いといえます。

また、プラクティカム(Practicum)と呼ばれる、授業で学んだ知識を一定期間、実社会で生かす実習体験もあります。これは主にカナダやオーストラリアなどで行われ、専門学校のコ一スに含まれていたリ、別料金で体験することができます。

プラクティカム制度では、卒業後の就職に有利になるよう、学校のカウンセラーが相談に乗ったリ、学生の希望にそった職種や企業を紹介してくれるなど、学校が企業と学生の橋渡しをしているケースが多いのですが、履歴書作成や面接など、ある一定レベル以上の英語のコミュニケーションカは必須となります。

インターンシップ(ビジネス体験)で体験できる仕事は?

インターンシップ(ビジネス体験)できる仕事には以下のようなものがあります。
※以下は仕事の一列です。期間・業種等は、仕事先や国、英語力等によリ異なります。
接客業 / イベント・マーケティングスタッフ / ホテル・観光業 / NPO法人 / 教育産業 / メディア産業 / 貿易産業 など

留学する目的をもっと見る

無料資料請求

一言で留学といっても目的は様々。
目的によって行ける国や、受けられるプログラムがあるので、まずは自分の目的や留学プログラムを確認し、無料資料請求で詳しいことを調べてみましょう!

1分で資料請求をする