休学留学

大学を休学して海外留学に挑戦!

休学留学

休学留学とは、日本で在籍している大学を一旦休学し、海外の大学で学ぶ留学のスタイルです。休学留学が終了した後は、日本で在籍している大学に戻り、卒業を目指すことになります。海外の大学では、留学生が受講できるプログラムが様々な分野で用意されており、日本での大学生活とは一味違った体験が出来るでしょう。日本で在籍している大学によって、休学留学中に取得した単位が日本での大学の単位に移行できる、などの対応をしてくれることがあります。休学留学を考える場合は、そういった単位移行が可能なのか、興味のある分野で学べるのか、など、いろいろな要素を検討して準備する必要があります。

どこで学ぶか

休学留学の留学先は、1・2年制大学であるカレッジや3・4年制大学であるユニバーシティのどちらかになることがほとんどです。日本で在籍している大学で学んでいる内容と関連した分野であれば、比較的スムーズに学べるというメリットがあります。また、日本の大学への単位移行がしやすい、ということもあるでしょう。これらは、それぞれの在籍している大学によって異なりますので、しっかりとした準備、事前の情報確認が求められます。

必要な語学力

現地の大学の授業に参加する際、授業中の発言はもちろん、出席率、ミニテストの成績、宿題への取り組み、中間テストや期末テストの成績など、様々な要素が成績に反映されます。授業中にただ黙って静かにノートを取るだけでは、単位を取ることが難しいのです。そうすると、当然必要となってくるのが、現地学生の参加する授業について行くための語学力です。

海外の大学に入学申請する場合、日本のように入学試験がある学校もありますが、たいていは高校の成績表、卒業証明書、語学力の証明書などの書類審査で、入学できるかどうかが決まります。語学力の証明は、TOEFLやIELTSなどの試験がよく知られており、学校や学部によって入学に必要なスコアが設定されています。自分の希望する分野、学校のレベルをきちんと確認し、日本での準備に活かすようにしましょう。

留学する目的をもっと見る留学の目的に合わせて、様々な留学スタイルをお選びいただけます。

  • 語学留学
  • ワーキングホリデイ
  • キャリアアップ
  • フィリピン留学
  • インターンシップ
  • 休学留学
  • 中学・高校留学
  • 親子・ジュニア留学