休学留学

大学を休学して海外留学に挑戦!

休学留学

休学留学とは、日本で在籍している大学を一旦休学し、海外の大学や語学学校などで学ぶ留学のスタイルです。休学の期間は、一般的に1年間です。この1年間をどのように過ごすかは、それぞれの目的によって異なりますが、休学留学が終了した後は、日本で在籍している大学に戻り、卒業を目指すことになります。
海外の大学や語学学校では、留学生が受講できる様々なプログラムが用意されており、日本での大学生活とは一味違った、海外ならではの体験が出来るでしょう。

どんなスタイルの休学留学?

休学留学の過ごし方は、期間は1年間と限られていることがほとんどですが、いろいろな過ごし方が可能です。ここでは、人気のある4つの留学スタイルについて見てみましょう。

1. 海外の大学に1年間通う

この休学留学の場合、留学先は、1・2年制大学であるカレッジや3・4年制大学であるユニバーシティのどちらかになることがほとんどです。日本で在籍している大学で学んでいる内容と関連した分野であれば、比較的スムーズに学べるというメリットがあります。
また、日本の大学への単位移行がしやすい、ということもあるでしょう。これらは、それぞれの在籍している大学によって異なりますので、しっかりとした準備、事前の情報確認が求められます。また、1年間とはいえ、現地の学生達と一緒に授業を受けるため、語学力が必要です。これも、渡航する先の大学の規定によりますので、事前に必ず調べるようにしましょう。

2. 語学を集中的に学ぶ

在籍している大学を一年間休学して、語学力を上げるための留学に挑戦する方もいます。特に留学中の単位移行などは出来ませんが、語学力をアップさせることが目的の場合、しっかりと語学の勉強に集中することが出来ます。
また、語学を学んだその結果を形にして残すために、一般英語コースで学んだ後、ケンブリッジ英語検定(FCE)などの試験対策コースを受ける方もいます。留学の成果を残すために、こういった試験や検定を目標にする方も多く、とても人気があります。帰国後にTOEICを受験する方も多いです。

3. 語学+インターンシップ体験(CO-OP)

語学学校で語学力をアップさせた後、インターンシップに挑戦するプログラムも人気があります。インターンシップとは、企業で研修を受けること。それぞれの語学レベルなどによって、有給インターンシップと無給インターンシップに分かれます。大学生は、年齢や職業経験の関係から、無給インターンシップに参加することも多いですが、お給料では計れない貴重な体験をすることが出来ます。
海外の企業で、現地の人たちが働く中で、母国語ではない言葉でコミュニケーションを取りながら、仕事について学ぶことができるのは、心身ともに鍛えられる素晴らしい経験になるはずです。

4. ワーキングホリデーをする

語学学校や大学で学ぶことも大事だけれど、せっかくの1年間をもっと自由に、たくさんの海外体験をするために使いたい!という方は、ワーキングホリデーに挑戦します。国によって多少規定は異なりますが、学校へ通うことも、仕事をすることも許可されているプログラムです。人とのつながりが大事なワーキングホリデー生活。ほとんどの方が最初に語学学校に通って人とのつながりを作り、語学力をアップさせてから、アルバイトに挑戦します。海外だからこそ出来る様々な体験をするには、最適のプログラムだと言えるでしょう。

必要な語学力

語学学校への語学留学や、ワーキングホリデーには、特に必要な語学力、というのはありません。ただ、語学力が高い方が、お友達を作りやすかったり、仕事を見つけやすかったりするのは事実です。もし休学留学をする、と決めたなら、日本で出来る下準備として、事前に出来るだけ語学の勉強をしておくことをおすすめします。

インターンシップ体験や、海外の大学やカレッジで1年間過ごす休学留学を予定している場合は、きちんと語学の力をアップさせてから渡航することをおすすめします。インターンシップでは、海外の企業で働く人たちと積極的にコミュニケーションを取ることが何よりも大切です。そのためには、ある程度の語学力が必要とされるでしょう。

現地の大学やカレッジで学ぶ方は、授業への積極的な参加が必須です。授業中の発言はもちろん、出席率、ミニテストの成績、宿題への取り組み、中間テストや期末テストの成績など、様々な要素が成績に反映されます。授業中にただ黙って静かにノートを取るだけでは、単位を取ることが難しいのです。そうすると、当然必要となってくるのが、現地学生の参加する授業について行くための語学力です。それから、海外の大学に入学申請する場合、日本のように入学試験がある学校もありますが、たいていは高校の成績表、卒業証明書、語学力の証明書などの書類審査で、入学できるかどうかが決まります。語学力の証明は、TOEFLやIELTSなどの試験がよく知られており、学校や学部によって入学に必要なスコアが設定されています。1年間の休学留学であっても、海外の大学が設定している語学力に届いていなければ、授業を受けることが出来ません。自分の希望する分野、学校のレベルをきちんと確認し、日本での準備に活かすようにしましょう。

休学留学で出来ること

休学留学と通常の語学留学が大きく異なる点は、限られた時間の中で、様々な留学スタイルでの海外体験が出来るという点です。海外の大学やカレッジに通う方は、国際的な環境の中で友人を作ったり、現地の言葉で専門的な内容を学んだり、といったことが出来ます。ワーキングホリデーやインターンシップに参加する方は、日本語ではない言葉でコミュニケーションを取りながら仕事をする、という初めての経験にチャレンジすることが出来るでしょう。せっかくの休学留学、時間は限られています。積極的にコミュニケーションを取り、クラブ活動やボランティア活動、アルバイトなどに参加し、1年間を充実した生活にするために取り組んでみましょう。

こんな方におすすめ!

・海外での大学生活を体験してみたい方
・大学生の間に、1年間海外生活を体験してみたい方
・語学を学んで、働く体験をしてみたい方

留学する目的をもっと見る留学の目的に合わせて、様々な留学スタイルをお選びいただけます。

  • 語学留学
  • ワーキングホリデイ
  • キャリアアップ
  • フィリピン留学
  • インターンシップ
  • 休学留学
  • 短期留学
  • 中学・高校留学
  • 親子・ジュニア留学