スペイン留学

世界的建築と美術を誇る歴史ある国!

  • HOME
  • スペイン留学
スペイン留学

ピカソ、ガウディなど多くの芸術作品、サッカーにフラメンコ、そしてパエリアなどの料理。

スペインにはたくさんの楽しいものに溢れています。留学中は、夜ではなくお昼ごはんをゆっくり食べ、その後はシエスタと、スペインならではの過ごし方を楽しみたいですね!

言語 スペイン語 首都 マドリード
面積 日本の約1.3倍 人口 約4,700万

国の特徴

スペイン 国の特徴

スペインは、西ヨーロッパに位置する国で、ポルトガルやフランスと隣り合っています。カタルーニャ人やカスティーリャ人など複数の民族が暮らす多民族国家で、スペイン語が公用語となっています。この多民族国家という特徴から、エリアによってその地域性が異なります。闘牛やフラメンコ、サッカー、スペイン料理と、様々な魅力を持つ国で、毎年多くの観光客が世界中から集まっています。

ビザについて

90日以内の滞在であれば、日本国籍を持っている方はビザ申請の必要はありません。

91日~180日の留学の場合は、短期学生ビザを取得する必要があります。このビザを取得した場合、滞在を延長することが出来ません。

180日以上の留学の場合は、長期学生ビザの取得が必要です。このビザの場合、入国してから30日以内に学生証を発行する必要があります。

なお、91日以上の留学の場合、ビザの発行を国外でしなければならない、という決まりがあります。ビザの申請には、学費や生活費、航空券費用などを証明する書類、海外留学中の保険加入を証明する書類、無犯罪証明書、健康診断書などの準備が必要になります。直前になって慌てないように、2~3ヶ月前には申請をするようにしましょう。

また、18~30歳の年齢制限はありますが、1年間働きながら滞在できる、ワーキングホリデービザもあります。2014年4月から導入された、日本―スペイン間の制度です。このビザの制度によって、語学学校に通いながらアルバイトで収入を得る、という滞在が、就労ビザを取らずに出来るようになりました。

英語について

スペインの公用語は、スペイン語です。大都市エリアでは、英語圏からの観光客も多いことから、英語が通じるお店などがありますが、基本的にはスペイン語でコミュニケーションを取るもの、と考えましょう。スペイン留学中に英語を使う機会としては、留学生同士の会話で、ということが多いかもしれません。世界中から留学生の集まるスペインですが、特に英語圏からの留学生は多く、授業中はスペイン語を同じ教室で学ぶ仲間と、放課後は英語を使ってコミュニケーションをとる、ということもあるでしょう。

物価について

スペイン 物価

スペインの物価は高いです。特に大都市マドリード、カタルーニャなどは、家賃、外食費などが高い傾向にあります。反対に、大都市以外では物価が安くなり、ルームシェアなどをすることで家賃を抑えたり、自炊で食費を抑えたり、といった工夫で、生活費を抑えることが出来るでしょう。

治安について

スペインでは、アジア系に対する人種差別がいまだに残っています。大学などの高等教育機関では、人種差別への対策が進められていますが、特に40代以上の世代、また高等教育を受けていない人々は、日本人を含むアジア系の人々に対して差別的な言動をしてくることがあります。もちろん全員ではありませんが、そういった背景があるということを知っておくと、実際に人種差別的な言動を受けた際、少し心の準備が出来ると思います。

そして、残念ながらスペインの治安はあまり良くありません。首都マドリードやバルセロナには観光客が多く集まり、外国人観光客を狙ったスリやひったくりなどが横行しています。アジア系への人種差別もあり、日本人観光客や日本人留学生が被害に遭うことも多々あります。こういった犯罪は、個人ではなく、集団で行われます。急に話しかけてきて、相手がこちらの注意を引くようなことがあっても、手荷物に注意を向けておくことを忘れずに、基本的には相手にしないようにしましょう。また、人通りが少なくなるシエスタの時間、日が落ちる時間帯、夜間には、1人で行動しないようにしましょう。周囲に人が少なくなると、目撃者が少ないことから、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなるので、注意が必要です。

それから、スペインでは許可証を取得することで、銃を使用することが可能である、ということを知っておきましょう。相手が武装しているという最悪の可能性を考えて行動することが大切です。

進学の特徴

スペインの大学・大学院では、学士課程が3~4年、修士課程が1~2年、博士課程が3~5年と、大学や学部によって異なります。大学入学には、高校を卒業していること、語学力の証明などが必要となります。国公立大学の費用は、年間1500~2000ユーロほどですが、私立大学の場合は、年間9000ユーロ以上と差があります。上記の費用は、学部や学校によって異なりますが、それでも日本の大学に比べると費用は安いと言えるでしょう。

気候について

日本と同じような緯度にあり、スペインにも四季があります。ですが、日本の梅雨のように長く雨が降り続くことはなく、からっとした気候です。また、エリアによっても気候が異なります。バルセロナやアンダルシアなどの東部・南部では、一年を通して温暖で、乾燥した気候です。中央部のマドリードでは、夏は暑く、冬は寒い、という気候です。夏には40度を超える日もあります。夏の時期に滞在する場合は、日焼け・暑さ対策を忘れないようにしましょう。

語学学校選びのポイント

スペインへ留学している日本人の数は、英語圏に留学している日本人の数と比べると、かなり数が少ないです。人気の留学先であるマドリードやバルセロナでも、日本人の数は比較的少ないので、日本語を使わずに、スペイン語を学ぶことにしっかりと集中できるでしょう。

また、語学学校で受けられる内容としては、短期留学向けの語学集中コース、大学と提携している大学入学準備コースなどがあります。語学だけではなく、フラメンコ、スペイン料理などの文化体験をするプログラムを持つ学校もたくさんありますので、自分の留学の目的やチャレンジしてみたいことを考慮して、学校を選ぶようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

美しいスペイン建築、サッカーやフラメンコ、闘牛などの文化、美味しいスペイン料理…スペインは世界的に人気の旅行先で、一度観光に訪れてその魅力にはまってしまう方も多いそうです。ですが、留学をするということは、治安、身につけるべき語学力、人種差別の可能性など、いろんな要素をきちんと考えた上で生活していくということ。初めて海外へ行くという方にとっては、少し緊張する要素があると言えますが、それでもスペイン語を本場スペインで学べる、語学だけでなく様々なスペイン文化も味わえる、という経験は、とても大きな収穫になることでしょう。

他の国を見る留学で最も重要な国選び。あなたに合った留学国をお探しします。

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • 二ュージーランド
  • フランス
  • スペイン
  • ドイツ
  • マルタ
  • アイルランド
  • 韓国
  • フィリピン