カナダ留学

「海外でのんびりする」「語学を真剣に学ぶ」「働く経験をする」。どんな留学目的でも、良質でリーズナブルに叶えられるのがカナダ。大学間のレベル差は少なく、教育水準は高い。

また、国の安全性と清潔さもトップレベル。公用語が英語とフランス語なので、2つの言語を学ぶこともできる。

言語 英語 首都 オタワ
面積 日本の約27倍 人口 3,516万

国の特徴

ビザについて

観光 学生ビザ ワーキングホリデー
有効期間 180日以内 学校通学期間 1年間
申請方法 不要 郵送 郵送
規定 就労不可 語学留学はアルバイト不可
  • 6ヶ月以内就学
  • 就労可

英語について

基本的にアメリカ英語の言い回しや発音と同じ英語です。カナダの英語は、地域により大きく訛りがないため、比較的綺麗な英語と言われています。特にバンクーバーの英語は、アクセントの癖もなく 聞き取りやすいと人気がある為、たくさんの語学学校が存在します。

ただし、モントリオールは、フランス語が公用語となる為、人によってはフランス語訛りがあるとも言われています。

物価について

バンクーバーやトロントのような大きな都市でも、日本の地方都市と同じくらいです。カナダでは、住まいを共同で借りて住む、シェアというスタイルが一般的ですので、安い場所を探し、自炊をする事により、生活費を抑えられます。外食は一般的に高く、日本食レストランなどでは日本での外食より高くなります。

治安について

カナダは治安が良く、留学先として大変人気があります。公共交通機関も整えられ、郊外には大自然が広がり、自然と街が融合された場所です。

治安が良いと言っても大都市へ行けば、もちろん夜は出歩かない方が良い地域もあります。 日本と同様、時間と場所をわきまえた行動が必要です。

進学の特徴

カナダはアメリカなどに比べ、大学の数が少ない為、留学生にとって進学が困難といわれています。入学基準として高い英語力が求められるだけでなく、成績平均値も高くなければ出願すら出来ないほど、 狭き門になっています。

しかし、私立の専門学校では留学生のサポートが整っていますので、旅行業や貿易などキャリアに繋がる専門分野が学べます。

気候について

カナダの殆どが北海道よりも北に位置している為、当然ながら冬の寒さは厳しく、春は遅い傾向にあります。しかし、西海岸のバンクーバーやビクトリアは、海流の影響により、比較的穏やかな気候で、冬でも東京と同じくらいの気温です。

東海岸のトロントは冬の寒さは厳しく、また、夏は湿度が高く暑い上、1日の寒暖の差が激しいのが特徴です。

語学学校選びのポイント

カナダの学校は、他の国ではなかなか見られない国籍制限、英語ONLY制度を徹底して行っている学校が多くあります。そのため、アクティビティを中心に楽しみたいという方だけでなく、英語力の向上を最優先に考える方にもピッタリです。

また、目的に合わせて授業時間数や選択科目を選べるようになっているのも特徴のひとつです。

ワンポイントアドバイス

カナダでもアメリカ同様、飲酒や喫煙の法律が厳しく、特に喫煙に関しての意識は高く、公共の場ではどこも禁煙と考えてもおかしくありません。 飲酒に関しては、ライセンスを取得したお店でしか販売されていない為、気軽にスーパーや自動販売機で購入する事は出来ません!

他の国を見る

アイエイシーの事をもっと知りたい

アイエイシー留学アカデミーは、10年以上の歳月をかけて研究された学習プログラムとネットワークを基盤に、世界20都市に現地提携オフィスを設け、短期留学や長期留学、ワーキングホリデーなどにチャレンジする方々に様々なプログラムを提供しています。

渡航前の英会話で準備段階からサポートを提供するだけでなく現地海外生活サポートも行っています。海外留学の実現はiac留学アカデミーまで!

無料資料請求

一言で留学といっても目的は様々。
目的によって行ける国や、受けられるプログラムがあるので、まずは自分の目的や留学プログラムを確認し、無料資料請求で詳しいことを調べてみましょう!

1分で資料請求をする

iacスタッフ