英語で住所を書くときの3つのポイント

海外に荷物を送るとき、英語での住所表記に困ったことはありませんか?しかし、住所は軽くポイントを押さえるだけで、簡単に書くことができます。
今回は、この3つのポイントをご紹介します。


1. 住所を逆から書く

英語 住所 書き方

日本語と英語の住所は、逆の表記となります。そのため、住所の構成要素を逆に配置すると、英語の住所として最低限通用する表記にすることができます。

日本語表記 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
英語表記 1-6-1 Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8968, Japan

2. 部屋番号の前にはシャープを入れる

英語 住所 書き方

マンションやアパートの場合、建物名と部屋番号を住所の先頭に置きます。そのとき、部屋番号は、数字の先頭に「#」を付けて表記します。

日本語表記 204号室
英語表記 #204

3. 敬称を正しく使い分ける

英語 住所 書き方

親しい友人に手紙や荷物は送る場合はどちらでも構いませんが、フォーマルな場合は必ず宛名に敬称をつけます。敬称の使い分け方は下記をご覧ください。

男性 Mr.
未婚の女性 Miss.
既婚の女性 Mrs.
未婚または既婚の女性 Ms.
夫婦 Mr. and Mrs.

英語での住所表記は、いざ書くとなると難しく、困ってしまうことも。そんなときのために、この記事を参考にして、住所の書き方をマスターしてくださいね。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談