アメリカ英語とイギリス英語の綴りの違い

アメリカ英語とイギリス英語は、同じ単語でも綴りが少し異なるものがあります。カナダではどちらの綴りも導入されているため、カナダ留学の際は覚えておくと便利です。
今回は、これらの綴りの違いや法則性についてご紹介します。

「-er」と「-re」

アメリカ英語とイギリス英語の綴りの違いは、語尾に顕著に現れます。アメリカ英語で語尾が「-er」になる単語の多くは、イギリス英語では「-re」と綴られる傾向にあります。

アメリカ英語 イギリス英語
中心 center centre
劇場 theater theatre
メートル meter metre
リットル liter litre

「-or」と「-our」

アメリカ英語で語尾が「-or」になる単語の多くは、イギリス英語では「-our」と綴られる傾向にあります。

アメリカ英語 イギリス英語
color colour
隣人 neighbor neighbour
flavor flavour
ユーモア humor humour

「-ize」と「-ise」

アメリカ英語で語尾が「-ize」になる単語の多くは、イギリス英語では「-ise」と綴られる傾向にあります。

アメリカ英語 イギリス英語
謝る apologize apologise
理解する realize realise
まとめる organize organise
完了させる finalize finalise

これら以外にも「-yze」と「-yse」、「-ense」と「-ence」など、パターンは様々。どちらの表記も覚えておくと、スムーズに対応できるようになるでしょう。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談