フィリピン留学 Q&A

短期留学の定番になりつつあるフィリピン留学。
多くの学校は日本人や韓国人の学生が多数在籍していますが、最近はベトナム人や中東出身の学生も増えてきて、国際色が豊かになってきているようです。

そんなフィリピン留学の魅力は何と言っても”安・近・密”

【安】かかる留学費用は欧米語学留学の半分~3分の2程度
【近】日本から約4~5時間のフライト、時差もたったの−1時間
【密】主なレッスンは先生とのマンツーマンなのが最大の魅力

短期間で英語力の向上を目指すなら本当におすすめな留学国ですが、治安面や生活面、勉強面で不安な声を聞くのも事実です。
今回はそんなフィリピン留学についてのよくある質問にお答えします。

英語初級者ですが大丈夫ですか?
→過度な心配は無用。マンツーマンレッスンでは生徒が理解するまで丁寧に教えてくれます。先生は英語が喋れるだけではなく、生徒のレベルに合わせて英語を教えることのできるプロでもあります。
自分の英語が間違えていたとしても、話そうと試みることが大事です。先生が正しい英語を教えてくれるので、その繰り返しで英語力が次第と身につきます。

留学中はどんなところで滞在しますか?
→フィリピン留学は学校の敷地内にある学生寮で滞在します。
学生寮は1人部屋から3人部屋までのタイプがあり、お部屋にシャワーとトイレがついているのが一般的です。部屋の人数によって料金が変わります。

留学中の食事はどんな料理が出ますか?
→フィリピンの一般的な語学学校では朝昼晩の3回の食事が出ます。
食事は、ビビンバやキムチなどの韓国料理が多いですが、最近の傾向としては日本人の口にも合う料理(トンカツやカレーライスなど)を提供する学校も増えてきています。他には洋食や、フィリピン料理なども出されます。

フィリピン人教師の英語の訛りはありますか?
→フィリピンの人たちは先生も含め、セブだとセブアノ語、マニラだとタガログ語のようにその地域により現地の言葉を話して生活しています。
先生ではないフィリピン人が話す英語には特に、それらの言語の影響を受けた訛りがありますが、ほとんどの語学学校の先生は、その独特の訛りは少なく、とても聞き取りやすい英語を話します。

フィリピンの治安はどんな感じですか?
→フィリピンの治安は日本に比べれば良くはないですが、セブ島など留学で栄えている地域に関しては、命や身体の危険があるような事件は少なく、スリや置き引きのような軽犯罪率が少し高めです。
貴重品は身につけない、自分の物は自分でしっかり管理をするといった警戒心を持ちながら、普通に生活していれば危ない目にあうことはないでしょう。

インターネットは繋がりますか?
→基本的にどの学校でもwifiが利用できますが、通信速度は日本より遅く、夕方から就寝時間までの間など、他の学生がインターネットを一斉に使う時間帯は特に遅くなります。メールやLINE程度なら問題なく利用できます。

いつまでに申し込めば良いですか?
→フィリピンの語学学校は寮に空きがある限りはいつでも渡航が出来ますが、現実的に考えると遅くとも2ヶ月前までには申し込んだほうが良いでしょう。
人気校の場合、半年先まで予約がいっぱいで空き部屋がなく入学できない学校もあるため、予定が立てられたら早めの申し込みをおすすめします。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談