• 体験談
  • IACで海外留学をはじめた先輩の体験談をご紹介します

【体験談】成功の秘訣は目的を失わないこと!フィリピン&カナダ留学体験談

佐賀県出身のジュリアさんから、留学の体験談が届きました。
彼女は福岡大学を卒業した後、フィリピンとカナダに留学し、現在は外資系航空会社で働いているそうです。

留学について

フィリピン カナダ
留学都市 クラーク トロント
バンフ
留学スタイル 語学留学 ワーキングホリデー
留学期間 3ヶ月 1年

失敗を恐れずに挑戦!

私は、この留学で失敗を恐れずに何事にも挑戦する度胸がついたと思います!
留学に行く前は英語を話したくても、ミスをするのが怖くて積極的に話すことが出来ませんでした。私の留学の最大の目的は英語を流暢に話すようになって帰ってくることでしたので、最初の留学先のフィリピンでは一念発起し、人の目などを気にせずとにかくつたない英語で話し続けました。分からないところがあれば些細なことでも質問して先生を困らせました(笑)そしてフィリピン留学を終えるころには日本語よりも英語が先にでてくるようにまでなりました。そう気づいたときは本当に嬉しかったです。

2か国目の留学先のカナダでは、もともとトロントに1年間滞在する予定でした。しかし、トロントでの生活に慣れてきたころに、もっと違う環境に身を置いて自分の英語力を高めたいという思いから、バンフという観光地に行って働くことを決めました。慣れ親しんだ所を離れ、誰も友達もいないところに行くことに正直不安で一杯でした。行ってみると自分が想像した以上にいい経験ができました。バンフで出会った多くの世界各国の友達は私の宝物です。本当に挑戦して良かったと心から思いました。

目的を忘れないこと。

私は留学中、多くの日本人とも出会いました。多くの方が語学の獲得を目的に留学に来ていました。私がそこで思ったことなのですが、やはり日本人は日本人と一緒にいることが本当に多いということです。そしてあまり英語が話せないまま帰国してしまうという人を多く見てきました。そこで私がこれから留学する方に言いたいことは留学する目的を忘れないで欲しいということです。

私は金銭面の問題から語学留学が出来ずに、ワーキングホリデーという形をカナダでしましたが、英語の勉強は毎日し続けました。日本人の友達もできましたが、英語でいつも話していました。私の留学の目的は英語を流暢に話せるようになることでしたのでいつもそのことを念頭に入れて生活をしてきました。バンフに行ってからはカナダ人と常に仕事を一緒にしていたので、本場の英語を学ぶことができ、同僚からは私の職場で働いているアジア人の中でBest English Speakerと褒めてもらえたことが涙が出るくらい嬉しかったです。人それぞれ留学の目的は違ってくると思いますが、目的を見失わずに毎日全力で過ごしてほしいなと思います。

学校について

フィリピン カナダ
学校名 CIP RCIIS
1クラス人数 5〜10名 5〜10名
主な国籍 台湾
韓国
ロシア
ベトナム
タイ
韓国
メキシコ
ベネズエラ

自分に合った学校選択を!

私が行った2つの学校はどちらともアットホームであまり大きくないところでした。私がそのような特徴を持っている学校を選んだのは良い関係を友達と築けると思ったからです。本当に楽しい学校生活を送ることが出来ました。仲良くなった友達は今でも頻繁に連絡を取っていますし、帰国してからはお互いの国のお菓子だったり、食材を送りあってるくらいです。
学校選びで一生付き合える外国の友達が出来るかどうか決まってくると思いますので、どういった学校が自分に合うのか慎重に考えて選択することをお勧めします!

授業中に涙!?

ここで私が一番印象に残っている授業を1つ紹介したいと思います。
私はカナダでの語学学校でビジネスクラスを受けていました。2か月のコースで1か月目はビジネスの基礎という形でインプットをするという授業で2か月目はそこで学んだことをプレゼンテーションという形でアウトプットするという形式でした。1か月は毎日宿題があって授業の難易度も高かったので四苦八苦していました。そこを乗り越え2か月目の最初の週のプレゼンテーションは先生が面接官になって生徒15人程の前で面接をするというものでした。あそこの雰囲気は本当に二度と味わいたくないと思うくらい緊張感に満ち溢れていました。私は練習もきちんとしていたのでなんとかいけるだろうと思っていたのですが、冒頭部分で緊張のあまり自分のことを忘れるくらい自己紹介が出来なくなり、15秒ほど固まってしまいました。そこから何とか持ち直したのですが、本当にあの時は自分の情けなさに涙が出そうになりました(泣)あの経験は今でも面接の度に役に立っていると思います。

他にもいくつか会社を選びその会社の株価を1週間見て、自分が損したのか、得したのプレゼンテーションする授業もとても面白く、勉強になりました。講義式の授業も良いのですが、実践型と言いますか、アウトプットの機会が多くある授業も良いと思います!

滞在先について

フィリピン カナダ
滞在方法 ホームステイ
シェアハウス
ホテルの寮
構成 台湾人
韓国人
ホームステイ:フィリピン人
シェアハウス:日本人
ホテルの寮:カナダ人

共同生活をするということ。

私はこの留学を通して色んな国の人と生活をともにして、共同生活することの楽しさと難しさを経験しました。
フィリピンにいたときはルームメイトがみんないい人ばかりでお互いを思いやって生活をしていたので、プライベートルームが無いにも関わらず快適に過ごすことが出来ました。フィリピン人の家族のところでホームステイしていたときは、私以外に韓国人、ベネズエラ人も受け入れていたので彼らとも一緒に過ごしていました。困ったことと言えばみんなほとんど学校に行く時間が一緒なので、お手洗いにいきたいと思うと誰かがシャワーを使っていたりそのことで困る時が時々ありましたが、その他は特にありませんでした。

バンフではホテルで働いていましたので、ホテルの寮でカナダ人5人とプライベートルーム付きのリビングルーム・キッチンはみんなでシェアという形で生活していました。彼らと過ごすことは毎日新鮮で楽しかったのですがみんな働く時間が違うのでそこで少し問題が起きたことは多々ありました。具体的に言えば私は朝のレストランで働いていたので、朝5時には起きなければいけませんが、夜働いている人はいうなれば生活時間が私と反対なのでしばしば夜に起こされることがたびたびありました。その次の日は寝不足で仕事なんて日も(笑)そのあとからは耳栓を買ってよく寝れるようになりましたので問題はありませんでしたが、共同生活をするということは、お互いを思いやるということが一番大切だと思います。状況が良い方向に向かわなければ、話し合うことも必要です。これだけ聞いたら嫌だなって思うかもしれませんがみんなが休みのときはパーティーを開いたり、その100倍楽しかったですよ!共同生活をして得たものは私にとってとても大きかったです。

本当の家族のようなホストファミリー

ホームステイしていた時のフィリピン人のホストファミリーは私にとって本当の家族のような存在になりました。彼らは本当に思いやりのある優しい家族でパーティーや買い物に行くときはいつも私を連れて行ってくれ本当の家族の一員かのように扱ってくれました。みんなNBAが大好きだったので毎晩テレビでみては大声で叫んで笑いあったのを今でも鮮明に覚えています。
私はその当時働いていたので帰ってくるのが遅くなってしまう時もあったのですが私が帰るまで待っていてくれていつも夜ご飯食べるときはそばにいてくれました。私がトロントの生活を楽しめたのは彼らがいたからだと胸を張って言えます。私は本当に彼らがホストファミリーで幸せ者でした。いつかまた彼らに会いに戻ろうと決めています!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談