ニュアンスが微妙に異なる「仕事」を意味する英単語5選

「仕事」を意味する英単語は、 “work” “job” “business” などたくさんありますが、それぞれ少しニュアンスが異なり、使い分けが必要なことをご存知ですか?
今回は、「仕事」を意味する英単語のそれぞれのニュアンスの違いをご紹介します。

work

work

日本語でも「在宅ワーク」「ワーキングホリデー」などと使われることがありますが、 “work” は「仕事」を意味する代表的な単語で、職業や任務などといった幅広い意味で使うことができます。この場合、給料が発生する肉体的・精神的な労働はもちろん、ボランティア活動や公共での作業も含まれます。

Teaching kids are actually hard work.
「子どもに教えるのは、かなり大変な仕事です。」
Do you enjoy your work?
「仕事は楽しいですか?」

job

job

“job” は “work” よりも口語的な表現で「職業」と訳されることが多い単語です。アルバイトや正社員など、給料や報酬が発生する仕事のことを指します。

I want a secure job.
「私は安定した仕事が欲しいです。」
I need somebody to help me with a job search.
「誰か就職活動を手伝ってくれる人はいないかな。」

business

business

“business” は、商業事業や会社組織という意味で使われる単語で、「IT業界」「卸売業界」などのように業界を総称するときによく使われます

I’m in the finance business.
「私は金融業界で仕事をしています。」
The latest tax hike hit small businesses.
「最近の増税は、中小企業に打撃を与えました。」

task

task

日本語で「タスク管理」などと表現される “task” は、個人に割り当てられた具体的な作業や任務を意味します。報酬の有無に関係なく、他の人から課せられた仕事は “task” と表現することができます。

I have to complete this task before I go to dinner.
「私は、ディナーに行く前にこの仕事を終わらせなければいけません。」
It was just an easy task.
「それは簡単な作業でした。」

labor

labor

“labor” は、肉体的に大変な仕事や骨の折れる作業を指す単語。ちなみに、勤労感謝の日は英語で “Labor Thanksgiving Day” と表現されます。

His team labored day after day for this project.
「彼のチームは、このプロジェクトのために毎日働きました。」
I don’t want to do manual labor.
「私は、肉体労働をしたくありません。」


このほかにも「仕事」を意味する英単語として “occupation” “toil” などがあります。それぞれの意味の違いを理解して、しっかりと使いこなせるようにしましょう!

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

留学に興味ありませんか?気になったら、
まずは資料請求!

IAC留学アカデミーは、留学に行きたいすべての人を応援します。

留学に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求で行きたい国をチェック!

   資料請求    
費用相談