ちょっといい話 vo6

こんばんは。  Camphor Laurel treeの小さな小さな花が咲き出し、Inforumの回りはとてもよい香がしてきました。
この香をかぐと、そろそろ、スーパーカーのシーズンだな~と。
さて、今日のニュースは
1.English Only Policyのおさらい
2.ちょっといい話
1.インフォーラムのEnglish Only Policyのおさらい
インフォーラムでは10週間に2度、生徒の理解度を確認するテストが開催されます。テストの日は学校がし~んと静まり返るほど、みなさん真剣に取り組むテストです。試験の後は先生と一対一の面談があり、どこをどう伸ばしていくのか等のアカデミックカウンセリングがあります。また、成績優秀者へは、レベルアップテストへのお誘いがあり、成績が悪い方へはレベルダウンや同じレベルを繰り返す提案がされます。
English Onlyのポリシーで、母国語使用注意3回で、この試験のスピーキングの結果にかかわらず、スピーキングがF (failed)となり、次のレベルに上がる事が出来ないばかりではなく、卒業少々のSpeakingのマークがFとなります。
なので、皆さん必死です!現在、95%以上生徒達が自主手的にEnglish Onlyを守り、私たちが注意をする機会さえありません。頑張る生徒達を見ていて感動!AmericaならA Good JOB!ってところでしょうが、オーストラリアならではでWell done!
2.ちょっといい話。
インフォーラムの人気アクティビティーの中に、International Cuisine という各国料理の味見アクティビティーがある。
食べ物・無料・皆でわいわい、と生徒達好みの3拍子が揃うアクティビティーは、普段は金曜日に出てきもしない生徒も、さっさと帰るカジュアルの先生も、全員残り、「味見」でお腹を一杯にする。
このアクティビティーの良いところは、自分の国の料理を作ってはいけないとこ。自分達で色々な国のレシピをインターネットで探し、友人宅で英語のレシピを見ながら料理をしなくてはいけない。(楽しい様子は、インフォーラムのFace bookで見れますよ。 )
私もこのアクティビティーのお陰で、今やモロッコ料理、ハンガリー料理、コロンビア料理を普段のメニューに入れられる位にまで食卓がMulti Culture!
前日のスーパーは見慣れない食材を探す生徒とスタッフが、出くわすたびにお互いのかごの中を覗きながら、笑い、頷き、わくわくし、まるでお祭りの前日のよう。
各国の料理が並ぶと結構な量になり、お皿一つに乗り切れない。でも、お腹のすいている友人達のがっつき様を見たら、一旦食べてまた戻るなど悠長な事は言ってられない!!!!
なので、グリーンカレーはチョコケーキの上、モロッコ料理はイタリアンパスタの上、チャーハンはグアカモ~~~~レで味が付き、あ~あ~、ごちゃごちゃ。生徒もお皿の料理もCross Culture~~~!!!
以上、皆様、良い週末をお過ごしください。
Jun

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談