留学を成功させる5つの秘訣

せっかく海外留学するなら、英語をしっかりと身につけて、楽しく充実した留学生活を送りたいですよね。
今回は、留学を成功させるために心がけてほしい5つの秘訣をご紹介します。


1. 留学する目的を決める

留学する目的を決める

「語学力をアップさせたい」「海外で実践的なスキルを身につけたい」など、留学の目的は人それぞれ。留学を考えている方は、まずはじめに留学の目的をしっかりと決めておくことをおすすめします。
目的がないと、留学中にモチベーションが下がってしまい、あっという間に帰国の日を迎えてしまいます。そうならないためにも「なぜ留学したいのか」「その国で何を学びたいのか」という目的意識を持つことが大切です。

2. 留学前から英語を学習しておく

留学前から英語を学習しておく

「留学したら英語は勝手に身につく」と思っていませんか?現地でのコミュニケーションは当然すべて英語。まったく英語を知らないまま留学するのと、英語を勉強してから留学するのとでは、上達度合いが大きく異なります。
もちろん、現地でしか学べないこともありますが、英単語の暗記や英文法の復習など、留学前にできることもたくさんあります。少しでも留学を有意義なものにするために、留学する前からコツコツ勉強しておきましょう。

3. お金や体調の管理を怠らない

お金や体調の管理を怠らない

お金を使いすぎたり、体調を崩したりすると、せっかくの留学が台無しになってしまいます。海外だからといって浮かれずに、きちんとした金銭感覚を持ち、体調管理を怠らないことが大切です。
ホームステイ先のご飯やレストランでの食事などを楽しむのも留学の醍醐味ですが、必要以上にお金を使ってしまったり、お腹を壊してしまったりしないように気をつけましょう。

4. 積極的に現地の人々と関わる

積極的に現地の人々と関わる

留学する上で大切なことの一つに「積極性」が挙げられます。現地の人に自分からどんどん質問したり会話を投げかけたりすることで、語学力・コミュニケーション力ともに磨かれるのです。
また、留学中は日本人留学生と関わるのは極力控えましょう。日本語で話していては、英語を話す機会をどんどん失ってしまい、留学する意味がなくなってしまいます。日本人が少ない留学先を選ぶのも一つの手です。

5. 間違いや失敗を恐れない

間違いや失敗を恐れない

「間違いを指摘されたらどうしよう…」「この単語の使い方で合ってるかな…」など、日本人は間違いや失敗を恐れやすい傾向にありますが、学習に失敗はつきもの。恐れずに積極的に発言することが大切です。
英語は間違えれば間違えるほど、その分上達も早いといわれています。最初のうちは慣れないかもしれませんが、自分の間違いを指摘してもらい、そこに気づくことで、正しい英語が自然と身についていきます。


どうでしたか?ちょっとした心がけで、留学の成功は決まります。せっかくの留学を無駄にしないためにも、これらの秘訣を参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談