• 体験談
  • IACで海外留学をはじめた先輩の体験談をご紹介します

【体験談】海外からの手紙

カナダのバンクーバーにワーキングホリデーで渡航中の義人くんからメールと写真をもらいました!
いろんな事にチャレンジして、たくさんの出会いを自分で手にしているようです。
帰国してから、いろんな話を聞かせてくださいね。 
このブログを見る頃には、バンフに移動しているだろうね。


さて!!
カナダに着いたときの率直な感想を言うと、、、寒い!!ですw
私が寒さに弱いからかもしれませんが、夜は特に冷え込みますので夏でも長袖を持っていくといいでしょう♪
到着早々、空港Pick upサービスで自分の名前がないというハプニング笑も乗り越えてホームステイ宅に到着しました。

バンクーバー ワーキングホリデー

私のホームステイには、ホストファミリー(フィリピン人両親、子供)と他の学生6人(韓国人2人、ブラジル人、メキシコ人、ロシア人、サウジアラビア人)がいます。基本的に皆さん自国では学生ですが、30歳の陽気なおじさん(ブラジル人)もいましたw。
私のホームステイでは、1日3食付、洗濯週1という決まり以外には基本的に自由でした。門限がないというのがとても良かったです!!
私は、ILAC(International Language Academic of Canada)というESLschoolに通っていました。
ここは、多国籍で、18段階の細かいレベル分け、少人数クラスが特徴です。が、、、ここでは本当に多くのブラジル人と韓国人がいます。とくに韓国人とは仲良くなりました。今からここに来る方にアドバイスをするとすれば、学校契約は1~2ヶ月がおすすめです。その期間に自分で判断するといいと思います。私の場合は、TOEICなどの勉強がしたかったのですが、少し授業内容にGAME要素が多く理想と現実のギャップに悩みました。しかし、友達もたくさんでき、毎日の自習で勉強もカバーし、結果的に楽しく過ごすことができました。

バンクーバー ワーキングホリデー

Canada.Vancouverに関していえば、基本的にBritishCorombia州は、自然が多くきれいな町並みが並びますが、Downtownには、ホームレスの方が多いので、お気をつけを。でも基本的には穏やか平和です。
そしてここには日本人がたくさんいて、町を歩くと”SUSHI”という文字を見ないことはありません。
余暇に関しては、ダンスが趣味なのでROBSON SQUAREというところで、ダンスチームに参加させてもらいました。
ほとんどが日本人のチーム笑ですが、Streetで夜中からSHOWをして小銭を稼いだりw、ここのダンスの大会に出たりと普段できない経験ができました!!

バンクーバー ワーキングホリデー

そして今、もっと日本ではできない体験をしようと、私はDowntownを離れる決断をしました。私のカナダ滞在はワーホリビザで6ヶ月なので、残りの4ヶ月はロッキー山脈のふもとのバンフという町で住み込みでロッジの仕事をします。というか今日出発です笑
今のところこんな感じです。多くの日本人をここで見てきましたが、自分なりの目標をしっかりもっていないと、だらだらと日本人とだけ依存して過ごしてしまうと思います。
楽しいだけでなく意味のある滞在にすると!!
今後の人生にとてつもなく大きな影響を与えるでしょう。Maybe笑
写真少なくて申し訳です。ではまた報告します。以上Canada.Vancouverからカワカドヨシトでした。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談