「車の運転」以外にも!動詞 “drive” の使い方

ドライブスルー、ドライブコースなど、日本でもよく耳にする“drive”という単語。実は「運転する」以外にも、様々な意味があることをご存知でしたか?
今回はそんな “drive”の主な使い方と、その例文をご紹介します。

〜を運転する、〜を乗せていく、〜へ車で行く

interesting

目的語に「乗り物」を取る場合は「〜を運転する」、目的語に「人」をとる場合は「〜を乗せていく」、目的語に「場所」を取る場合は「〜へ車で行く」、という意味になります。

I drove the car.
「私は車を運転しました。」
Can you drive me to the station?
「私を駅まで乗せていってくれませんか?」
He drove to school.
「彼は車で学校へ行きました。」

〜を追いやる、追い出す

funny

“drive”という単語は、自動車が普及する前から「何かを駆る、進むよう促す」という意味合いで使われていました。そのため、人や動物を追い立てるときにも、“drive”を使うことができます。

The dog drove the sheep in the fence.
「その犬は羊たちを柵の中に追いやりました。」
My mother drove the cat from the kitchen.
「母は台所から猫を追い出しました。」

〜させる、〜に追い込む

engrossing

人や動物を物理的に移動させるときだけではなく、精神的な状態を変化させる意味合いで使うこともできます。

Hunger drove her to steal.
「空腹が彼女に盗みを働かせてしまいました。」
She drove me crazy.
「彼女のせいで私はおかしくなりそうです。」

〜を打ち込む

entertaining

ネジを回すときに使う「ドライバー」もこの“drive”という単語が元になっています。

He drove a nail into the board.
「彼はネジを壁に打ち込みました。」


いかがでしたが? “drive”が持つ「何かを駆る、進むよう促す」のニュアンスをうまく捉えて、車を運転するとき以外にも使ってみてくださいね。

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

留学に興味ありませんか?気になったら、
まずは資料請求!

IAC留学アカデミーは、留学に行きたいすべての人を応援します。

留学に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求で行きたい国をチェック!

   資料請求    
費用相談