リラックスしながら学ぼう!慶煕大学

韓国語過程は1993年にスタートし、他大学に比べて比較的歴史が浅いのですが、それでも学生数は、延世大学校につぎ2番目に大きな学校です。独自で教材開発を行っており、慶熙大学校のテキストは様々な大学でも使用されています。カリキュラムもしっかりしており、約60教師はすべて韓国語教育の修士課程を卒業してそうです。 また現在多数の学校でおこなわれているトウミ制度(韓国人学生によるチューター制度)を始めたことも有名で、韓国人学生との交流も比較的簡単に行う事が出来るのも人気の1つです。新村などの学生街に比べると少し不便さを感じるかもしれませんが、それだけにカリキュラムに自信を持っている学校とも言え、文法やマラギ(会話)がバランスよく配分されています。 地下鉄2号線漢陽大駅のすぐそばにあり、大学の周りには食堂、屋台、飲み屋、インターネットカフェ、下宿などが学校を中心に広がる、まさに”漢陽大学生の街”という感じで、ソウルの中心部の学生街とはちょっと違って下町の雰囲気が漂うところです。

プログラム概要

国・州都市名 韓国 ソウル
滞在方法 ホームステイ・下宿・ミニワンルーム
費用 1学期間(3ヶ月間):130,000円~
上記に含まれるもの
その他必要な費用 滞在費・食事代
空港お出迎え費用
航空券代お小遣い・現地交通費
海外傷害保険料
手続き・現地サポート料
海外送金手数料・通信費

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談