時間を表す3つの前置詞を覚えよう

時間を表す前置詞には、大きく分けて「in」「on」「at」の3つがあります。それぞれ使う条件が異なるので、あらかじめ覚えておくと便利です。
今回は、それぞれの前置詞の正しい使い分け方をご紹介します。

in:月、年、季節、時間帯について話す

時間

「in」は、月や年、季節、時間帯について話したいときに使います。

季節 時間帯
in April in 1994 in summer in the morning
in December in 2021 in autumn in the afternoon

(例)
My birthday is in March.「私の誕生日は3月です。」
He was born in 1982.「彼は1982年に生まれました。」
I go on a trip in spring.「私は春に旅行に行きます。」
She eats bread in the morning.「彼女は朝にパンを食べます。」

on:曜日、日付、特別な日について話す

時間

「on」は、曜日や日付、特別な日について話したいときに使います。

曜日 日付 特別な日
on Sunday on February 22th on Christmas
on Wednesday on May 14th on Valentine’s Day

(例)
I call my friend on Friday.「私は金曜日に友人に電話をかけます。」
I have a presentation on September 8th.「9月8日にプレゼンがあります。」
I give her a camera on her birthday.「私は彼女の誕生日にカメラをあげます。」

at:特定の時刻や時間帯について話す

時間

「at」は、特定の時刻や時間帯について話したいときに使います。

特定の時刻 特定の時間帯
at three o’clock at lunch
at seven-thirty at sunset

(例)
I wake up at five o’clock.「私は5時に起きます。」
My boss called me late at night.「上司は深夜に電話をかけてきました。」


日付や時間の前にくる前置詞は、これら3つを正しく使い分けることが大切です。3つの違いを理解して、スムーズな英語表現に努めましょう!

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

留学に興味ありませんか?気になったら、
まずは資料請求!

IAC留学アカデミーは、留学に行きたいすべての人を応援します。

留学に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求で行きたい国をチェック!

   資料請求    
費用相談