• 体験談
  • IACで海外留学をはじめた先輩の体験談をご紹介します

【体験談】完全な英語環境で働くことで身につけた英語力と自信!カナダワーキングホリデー体験談

こんにちは、IAC留学アカデミーです。
カナダのトロントへワーキングホリデーに行ったユウヤさんから、素敵な体験談と写真が届きました。

彼は、沖縄ビジネス外語学院在学中にセブ留学を経験し、卒業後に1年間のワーキングホリデー留学を決意。慣れない土地に戸惑いながらも、ホストファミリーや仲間と楽しい時間を過ごせたそうです。


体験談

留学を通して感じた精神的な成長

チバナユウヤ さん


沖縄ビジネス外語学院で英語を学んでいた在学中にセブ留学を経験し、専門学校卒業後に1年間のワーキングホリデー留学を決意しました。

トロントに到着した次の日に、学校のアクティビティに参加して友達も出来たので、順調に留学スタート!と思った矢先、帰宅時に電車が止まってしまいました。慣れないシャトルバスでの帰宅は、土地勘がまだなかったため道に迷ってしまい、とても大変な経験をしました。
帰宅時間が大幅に遅れたので、ホストファミリーがとても心配してくれて、無事に帰宅した時にはホストマザーがハグをして迎え入れてくれました。とても大変な経験でしたが、精神的な成長をすることができました。

学校でも楽しく過ごしながら、仕事探しの準備をしている中で、カナダにいるのだから「地元のレストラン」で働きたいという気持ちが強くなりました。そんな中で「Rose and Sons」という地元の方たちに人気のレストランでの仕事が決まりました!
キッチンでの仕事やテラス席のお手伝いなど、金・土・日は完全な英語環境で働くことができました。

また、平日は「TORA」という炙り寿司のお店で働いて、収入をさらに安定させました。TORAの従業員には、同世代のアジア系カナディアンが多く、すぐに仲良くなり、クリスマスパーティーも一緒にするなど、公私ともに良い付き合いをしていました。

お給料は、良い時で月2700ドル(25万円ほど)、平均で2100ドル(19万円ほど)もらっていたので、貯金をしながらニューヨークに一人旅をして贅沢に鉄板焼きを食べたり、アポロシアターに行ったりなど、留学中だからこそできることをしてきました。

学生時代はTOEIC600点ほどだったので、次のTOEICで800点取ることが今の目標です。また、英語を人に教える仕事にも興味が出てきましたし、ボクシングやピアノ、スケボーなど、色々なことにも興味が出てきたので、毎日充実した生活が送れるように頑張ります!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談