ニュアンスで使い分ける英単語5選

英語を勉強し始めた日本人がよくつまずくのが、似た意味を持つ英単語のニュアンスの使い分け。正しく理解すると、英語がより一層楽しくなります。
今回は、似た意味を持つ英単語5選をご紹介します。


1. 小さい:small と little

小さい

この2つは「感情が伴うかどうか」で使い分けます。

small:サイズの小ささだけで、感情は伴わない
(例)I met a small girl. 「私は小さい女の子に会いました。」

little:サイズの小ささだけでなく、感情が伴う
(例)I met a little girl. 「私は小さくて可愛い女の子に会いました。」

2. 選ぶ:choose と select

選ぶ

この2つは「主観的か客観的か」によって使い分けます。

choose:主観的に好ましいものを選ぶ
(例)I chose this university. 「私はこの大学を選びました。」

select:客観的に好ましいものを選ぶ
(例)He was selected as the leader. 「彼がリーダーに選ばれました。」

3. おそらく:perhaps と maybe

おそらく

この2つは「確信の度合い」によって使い分けます。

perhaps:70~90%の確信がある
(例)I’ll probably pass the exam. 「私はおそらく試験に受かるだろう。」
→受かる可能性は高い

maybe:40〜60%の確信がある
(例)Maybe I’ll pass the exam. 「私はおそらく試験に受かるだろう。」
→受かる可能性は半々

4. 美味しい:yummy と delicious

美味しい

この2つは「カジュアルかフォーマルか」によって使い分けます。

yummy:カジュアルな場面で使われる
(例)This pasta is so yummy! 「このパスタはとても美味しいです!」

delicious:フォーマルな場面で使われる
(例)The dinner here is delicious. 「ここのディナーは美味しいです。」

5. 家:house と home

家

この2つは「物理的か心理的か」によって使い分けます。

house:物理的な建物としての家
(例)My house was built last year. 「私の家は去年建てられました。」

home:心理的な帰る場所としての家
(例)I am at home now. 「私は今家にいます。」


いかがでしたか?日本語では分からない英語特有のニュアンスは他にもたくさん。これらを学んで、ニュアンスの違いを理解できるようになりましょう!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談