留学前・留学中の英語学習のポイント

「留学すれば英語は自然と話せるようになる」と思っていても、いざ留学するとイントネーションや会話のスピードに苦戦し、満足いく留学にならなかったと後悔することも。
今回は、留学前・留学中におすすめの英語学習のポイントをご紹介します。

留学前の英語学習のポイント

1. 単語で語彙力を増やす
英会話において最も基本となる「単語」は、覚えれば覚えるほど語学力のアップにつながります。知らない単語が多いと、英文の読み書きに時間がかかったり、相手の言うことを聞き取れなかったりするからです。実は、中学レベルの英単語・英文法さえ理解していれば、日常会話で困ることはほとんどありません。難解な単語よりも簡単な単語をたくさん覚えておく方が、コミュニケーションを図る上でとても役立つのです。

2. リスニングスキルを磨く
日本人は、リーディング・ライティングは比較的得意でも、リスニング・スピーキングは苦手という方が多いのが特徴。英語特有の発音やイントネーションに慣れていないせいで、知っている簡単な単語ですら聞き取れない人がとても多いのです。単語で語彙力を増やしたら、次はリスニングスキルを身につけることに重点を置きます。そうすることで、留学後の語学力アップに差をつけることができますよ。

3. 英語をたくさん話す
英語が聞き取れるようになってきたら、次は話すことにも徐々に慣れていきましょう。英会話教室や英会話カフェ、オンライン英会話など、日本にいても英語を話せる環境は十分揃っています。思ったことがスムーズに口から出るようになるまで、ひたすら英語でコミュニケーションをとることに努めることが大切です。また、日本の歴史や文化を英語で説明できるようにしておくのもおすすめです。

留学中の英語学習のポイント

1. 極力日本語を使わない
同じ語学学校に日本人がいることもよくありますが、そこで日本語を話してしまうのはNG。せっかく留学しているのにも関わらず、英語を話す機会を減らしてしまう要因になるからです。日本人同士でもなるべく英語で会話するようにしましょう。語学学校によってはイングリッシュ・オンリー・ポリシーを掲げている学校もあるので、そのような学校を選んでみるのも良いかもしれないですね。

2. 積極的に話しかける
留学中は、いろんな国の人と積極的にコミュニケーションをとりましょう。机に向かって黙々勉強するのは日本でもできますが、外国人に囲まれた環境で過ごせる体験は留学ならでは。「英語が伝わらないかも…」と不安になるかもしれませんが、留学生が最初から英語を上手に話せないのは当たり前。それでも英語を一生懸命話そうと努力する姿勢は、きっと相手にも伝わっていますよ。

3. わからないことは書き留めておく
日常会話で、わからない単語や英語表現に出会うことがたくさんあります。そういうとき、わからないまま放っておくのか、メモに書き留めておくのかで、英語の理解度は全然違います。メモしたあとは意味や使い方をしっかり調べ、次に同じ表現が出てきたときにわかるようにしておきましょう。わからない表現が少なくなるにつれて、語学力がぐんぐん上達していくはずです。


留学前にある程度準備しておくことで、留学のスタートラインが大きく変わります。留学中に苦戦しないためにも、単語や文法をあらかじめたくさん学んでおきましょう!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談