挨拶の基本をおさらい!Hello/Hi/Heyの違い

日本人同士はもちろん、海外の人と会話をするときも必須の挨拶は、「Hello」「Hi」「Hey」が主な3パターンなのですが、これらのニュアンスは少し異なります。
そこで今回は、この3パターンの違いをレクチャーします。

Hello=フォーマルな挨拶

英語の教科書や参考書でよく目にする「Hello」は、この3パターンの中で一番フォーマルな挨拶になります。そのため、ビジネスの場や初対面の方への挨拶には適していますが、友達同士や家族など親しい間柄ではあまり使われません。カジュアルにくだけた会話の場合は、「Hello」ではなく「Hi」や「Hey」を使う方が自然です。

Hi=ややカジュアル

「Hi」は先ほど紹介した「Hello」よりもカジュアルな表現ですが、ビジネスの場でも使用できる挨拶です。どちらの場面でも使用できるので、一番万能な挨拶かもしれません。店員さんなどに軽く挨拶するときにも使えるほか、「Hi there!(やあ!)」と使うときもあります。

Hey=カジュアル

この中で最もカジュアルな挨拶「Hey」は、家族や親しい友人など、ファーストネームで呼び合えるような親しい関係の相手に対して使われます。フォーマルな場面で使用すると無礼だと思われることもあるので気をつけましょう。気を遣わなくていいラフな関係なら、「Hi」より「Hey」の方がよく使われる傾向にあります。


同じ挨拶でも、フォーマルとカジュアル、どちらの場面で使うかが少し変わってきます。どれを使えば良いのか悩んだ時は、最もベーシックな「Hi」を使ってみましょう!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談