説明できる?英語で「遊ぶ」を表すplayとhang outの違い

遊ぶ=playは正しい表現ですが、これは小さな子供が遊ぶときに使われるので、大人が遊ぶときにはふさわしくありません。大人が遊ぶときは、hang outが使われます。
ここでは、playとhang outの違いを説明します。

playの意味

ご存知の通り、playには「遊ぶ」という意味がありますが、これは子供たちが公園やおもちゃで遊ぶといったようなニュアンスが強いため、大人が遊ぶときには使いません。しかし、楽器演奏やスポーツ、ゲームをするときには、playを使っても大丈夫です。

Mom, can I go and play in the yard?
「ママ、庭に行って遊んでもいい?」

I play the piano.
「私はピアノを弾きます。」

hang outの意味

hang outには、「目的もなく、ぶらぶらして遊ぶ」といったニュアンスがあります。そのため、友達と遊ぶときにはhang outを使いましょう。ちなみにhangの過去形は、hangedではなくhungなので、注意しましょう。

Let’s hang out together!
「一緒に遊びましょう!」

My best friend and I hung out last night.
「昨夜、親友と遊びました。」

他の表現

hang outの他にも、「遊ぶ」に近い英語表現がたくさんあります。ここでは、代表的な表現を3つご紹介します。

chill:リラックスする

We should chill tonight!
「今夜はリラックスして楽しもう!」

do something:何かする

I’m so bored. Let’s do something.
「とても暇なんだけど、何かしようよ。」

go out:外出する

I want to go out tomorrow.
「私は明日遊びたいです。」


ついついplayを使ってしまいがちですが、playはどうしても幼稚なイメージが強いため、これからはhang outを使って表現してみてくださいね。

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談