「安い」だけじゃない?リーズナブルの正しい意味や使い方とは

resonable(リーズナブル)と聞くと、日本語では「価格が安い」という意味が真っ先に浮かびますが、英語での本来の意味はそれだけではありません。
今回は、リーズナブルの正しい意味や使い方をご紹介します。

意味1:手頃な価格

お手頃価格と低価格はイコールと思っていませんか?手頃な価格とはあくまでも「商品の価値が値段に見合っている(もしくは少し安い)」という意味なので、リーズナブル=安いという認識は少し異なるのです。安いときは、”cheap”を使いましょう。

I bought this car for a reasonable price.
「私はこの車をお手頃価格で買いました。」

I found a reasonable hotel.
「私は手頃な価格のホテルを見つけました。」

意味2:合理的な / 妥当な

“reason”には「合理的に推測する」のような意味もあり、”able”と組み合わせることで「合理的に納得できる」といった意味になります。

He seems like a reasonable person.
「彼は合理的な人に見えます。」

The reason why she didn’t come yesterday is reasonable.
「彼女が昨日オフィスに来なかった理由は妥当です。」

番外編:reasonableの対義語

reasonableの対義語はunreasonableで、「理不尽」「納得できない」などといった意味になります。

He’s a unreasonable guy.
「彼は理不尽な男です。」

Am I being unreasonable?
「私の言っていることは筋が通っていませんか?」


商品の価値が見合っていれば、たとえ100万円でも”reasonable”と表現することができます。正しい意味を理解して、英語をより深く学んでくださいね!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談