ディスカッションで役立つ英語フレーズ5選

あなたは英語でディスカッションをしたことがありますか?自分の意見を伝えるディスカッションは、英語だとなおさら難しいですよね。
今回は、英語でディスカッションするときに使えるフレーズをご紹介します。


1. 自分の意見を述べるとき

I think~.「私は~だと思います。」

ディスカッションで一番重視すべきなのは「わかりやすく自分の意見を述べる」こと。自分の意見をダイレクトに伝えたいとき、この表現はとても使えます。

2. 結論を述べるとき

Now I say,~.「だから言わせていただくと、~。」

直訳だと「今私は言います、~。」となります。「ですから、私としてはこう言わせていただきたいです。」と前置きして結論を述べたいときに適しています。

3. 目上の方に意見を述べるとき

I don’t mean to interrupt, but~.「お言葉ですが~」

目上の相手に対して自分の意見を述べるのは緊張しますよね。このフレーズを使えば、日本語の「お言葉ですが~」といったニュアンスを出すことができます。

4. 相手に聞き返すとき

Pardon me.「もう一度よろしいでしょうか。」

相手の言っていることが聞き取れなかったり、わからなかったりしたときに使えるフレーズです。ディスカッションだけでなく、日常会話でもよく使われます。

5. 相手の意見を確認するとき

What you’re saying is~.「あなたが言おうとしているのは~ですね。」

相手の意見を自分なりに解釈して、それが正しいかどうか確認したいときに使えます。意見の食い違いを防ぐためにも、相手の意見を確認するのは大切です。


英語でのディスカッションは、どうしても緊張してしまいがち。事前にしっかり準備をして、積極的に自分の意見を述べられるようにしておきましょう!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談