gonna / wanna / gottaの意味と使い方まとめ

海外ドラマや洋画を観ていると、gonnaやwanna、gottaがよく使われていることに気づきませんか?これらはネイティブの人がよく使うので、覚えておくべき表現です。
今回は、この3つの表現の意味や使い方をご紹介します。

gonna

“gonna”は”going to”の短縮形で、「〜する予定」という意味です。

I’m gonna do that right now.:「私はそれを今すぐやる予定です。」
What are you gonna do?「あなたどうするの?」

wanna

“wanna”は”want to”や”want a”の短縮形で、「〜したい」や「〜が欲しい」という意味です。疑問文では「Do you want to〜?」の省略形として使われ、「〜はどうですか?」という意味になります。

I wanna get out of here.:「私は今すぐここから出たいです。」
WWanna wine?「ワインはいりますか?」

gotta

“gotta”は”have to”や”got to”の短縮形で、「〜しなければいけない」という意味です。疑問文では「Have you got a〜?」の省略形として使われ、「〜を持っていますか?」という意味になります。

I gotta go now.:「私は今すぐ行かなければいけません。」
Gotta chocolate?「チョコレートを持っていますか?」


これらは日常会話やSNSでよく使われるカジュアルな表現なので、ビジネスシーンなどのフォーマルな場ではあまり使われません。友人との会話でぜひ使ってみましょう!

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談