海外の美容院で使える英語フレーズ集

海外旅行で行く機会はあまりない美容院ですが、留学やワーキングホリデーなどの長期滞在になると度々行くことも。そんなとき、よく使う英語フレーズを覚えておくと、スムーズに要望を伝えることができます。
今回は、海外の美容院で使える簡単な英語フレーズをまとめました。

そもそも「美容院」は何と呼ぶ?

美容院は英語で”Hair salon”やBeauty salon”、”Beauty parlor”などと呼びます。”parlor”はアメリカ英語で、イギリス英語では”parlour”と表記します。パーラーは特定のサービスや商品を提供するお店に対して使う表現ですが、現代ではあまり使われなくなっているので、前者のサロン呼びが一般的です。

予約したいとき

美容院

I’d like to make an appointment for haircut.
「カットの予約をしたいです。」

Do you have any openings next week?
「来週は空いていますか?」

Can I make an appointment for today at 7pm?
「今日の午後7時に予約できますか?」

来店したとき

I have an appointment for a perm at 5pm.
「5時にパーマの予約をしています。」

I don’t have a reservation, but I’d like to have my hair cut.
「予約していないのですが、髪をカットしてほしいです。」

要望を伝えるとき

美容院

I’d like my hair to look like this.
「(理想の髪型の写真を見せて)こんな風にしてほしいです。」

A cut and blow-dry, please.
「カットとブローをお願いします。」

I wanna color my hair darker.
「髪を今より暗めにしたいです。」

仕上がりを聞かれたとき

Could you cut a little bit shorter?
「もう少し短くしてもらえますか?」

That’s perfect! Thank you.
「バッチリです!ありがとうございます。」

お会計をするとき

美容院

How much will it be?
「いくらですか?」

Can I use this discount coupon?
「この割引クーポンは使えますか?」

This is for you. Thank you for your great service.
「チップをどうぞ。素晴らしいサービスをありがとう。」


イメージが伝わらなかったらどうしよう…と思わず不安になりがちですが、理想のヘアスタイルになるよう、これらの基本的な英語表現を使いこなしてみてくださいね!

\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談