メイクアップ

こんなにある!“make up”のいろいろな意味

“make up”には様々な意味があり、そのどれもが日常会話でよく使われています。日本では「化粧する」という意味で使われがちですが、実は“make up”だけでは、化粧するという意味にはなりません。
今回は、たくさんある“make up”の意味と使い方や、英語で「化粧する」と言いたい場合の表現についてご紹介します。

“make up”の様々な意味

ベットメイキング

1. 「〜を作り上げる」

I made up the list.
「私がそのリストを作り上げました。」

2. 「作り話をする、創作する」

Then I made up the story.
「そのとき私は作り話をでっちあげました。」

3.「考えだす、思いつく」

He’s always making up excuses.
「彼はいつも言い訳を考えています。」

4.「準備する、整える」

I’ll make up a bed for you.
「あなたのためのベッドを準備しておくね。」

5.「埋め合わせをする」

Sorry,I’ll make it up.
「ごめん、今度埋め合わせするね。」

“make up + 〇〇”のイディオム

サッカーチーム

6.make up one’s mind 「決心する」

He made up his mind to go to Tokyo University.
「彼は東京大学に行く決心をしました。」

7.make up with〜 「〜と仲直りする」

I want to make up with him.
「私は彼と仲直りがしたい。」

8.be made up of〜 「〜を構成する、〜で成り立っている」

This soccer team is made up of 30 members.
「このサッカーチームは30人のメンバーで構成されています。」

“make up”に「化粧をする」という意味はない?

化粧品

“make up”もしくは“makeup”は、名詞の「化粧」という意味です。「化粧をする」という動作を言いたいときは、“put on make up”または“do make up”、また、「化粧をしている」という状態を言いたいときは、“be wearing make up”と表現するのが一般的です。

Just a minute. I’m doing my make up.
「今お化粧してるからちょっと待って。」
I’m wearing makeup today.
「今日、私は化粧をしています。」


いかがでしたか?“make up”には様々な意味がありますが、ニュアンスをつかめばとても便利な表現なので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

留学に興味ありませんか?気になったら、
まずは資料請求!

IAC留学アカデミーは、留学に行きたいすべての人を応援します。

留学に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求で行きたい国をチェック!

   資料請求    
費用相談