お礼の手紙

ホストファミリーにお礼の手紙を書こう!手紙で使える英語表現集

メールやSNSでのやりとりが主流になった現代ですが、手書きのあたたかさがこもった手紙は、もらうととても嬉しいものですよね。今回は、ホームステイ先にお礼の手紙を書くときに役立つ、書き方の決まりやよく使うフレーズをご紹介します。

日付の書き方

まず一番右上に、今日の日付を記入します。イギリスとアメリカで、少し書き方が異なります。
例えば、2021年2月8日の場合、このように表記します。
イギリス 8th febulary 2021
アメリカ febulary 8, 2021

宛名の書き方

次に、左揃えで宛名を書きます。
基本は、「親愛なる」という意味のDearを使います。Dear,〇〇(相手の名前)とするのが一般的です。普段ファーストネームで呼んでいる相手なら、Dear,Ashly などとそのままファーストネームをつけましょう。目上の人やあまり親しくない間柄であればMr.〇〇、Ms.〇〇などの敬称をつけます。

書き出しのフレーズ

お礼の手紙

How have you been doing?
「お元気ですか。」

How is the weather there? It’s been very hot here in Japan.
「そちらの気候はいかがですか?日本は、最近とても暑いです。」

I hope all in your family are doing well.
「ご家族の皆さまはお元気でしょうか。」

My friends and family here continue to do quite well.
「こちらは、友人も家族も変わりなく元気です。」

感謝の気持ちを伝えるフレーズ

お礼の手紙

I still have precious memories of my study experience.
「留学中の様々な出来事をとても懐かしく思います。」

Thank you for your hospitality during my stay.
「滞在中は親切にしていただき、ありがとうございました。」

I felt I was part of your family thanks to you.
「おかげで、あなたの家族の一員になれたように感じました。」

I would very much enjoy seeing you again sometime.
「またぜひお会いしたいです。」

Please give my best regards to Ms.Taylor.
「テイラーさんにもよろしくお伝えください。」

結びのフレーズ

お礼の手紙

I am looking forward to hearing from you.
「お返事お待ちしております。」

Please take care of yourself.
「ご自愛ください。」

Hope to see you soon.
「近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。」

Let’s keep in touch.
「また連絡を取り合いましょう。」

結び文句

お礼の手紙

結び文句は、右揃えで書きます。かしこまった場面や目上の相手への手紙では、フォーマルな結び文句を使いましょう。友達や家族などインフォーマルな手紙では、”See you again,”や”Have a nice day!”など、自由に表現しても構いません。

また、これらの言葉の後に、自分の名前を署名することを忘れずに。パソコンなどでタイプした手紙であっても、必ず手書きで署名しましょう。

目上の相手に送るフォーマルな結び文句
・Sincerely, / Sincerely yours, 
「敬具」
・Respectfully, / Respectfully yours,
「敬意を込めて」
・With appreciation,
「謝意を込めて」

面識のある相手に送るややカジュアルな結び文句
・regards, 「どうぞよろしく」
・Best regards, 「よろしくお願いします」
・Best wishes, 「幸運を願って」
・Many thanks,
「感謝いたします」


過去の記事では、海外の住所の表記方法についてご紹介しています。手紙を送るときは、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!
英語で住所を書くときの3つのポイント

オンラインセミナー
\ 最新の留学情報満載 /

新型コロナウイルスの影響による海外渡航の最新情報につきましては、SNSで随時更新しています。ぜひご確認ください。

facebook
instagram

関連記事一覧

   資料請求    
費用相談